BAJA1000実況中継 その後


06BAJA500 06BAJA1000 07BAJA500(ソロ) 09BAJA500(ソロ)に参戦。すべて完走。うちクラス優勝1回。今はバイク休止中。
by kenoi0225
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

BAJA500レポート(1)

スタートから国道3号のK117付近(レストラン)までのレポート。

ホテルからスタート地点まで3分くらい。余裕があるので、ゆっくりホテルを出た。
待機場所には、チョークで番号が書かれててすぐに見つける事ができた。バイクを置き、近くにいる選手と会話をし写真を撮ったりしながら過ごす。スタートは昨年のBAJA500から2回目と言う事もあり、緊張する事もなくリラックスできた。
時間が来て、スタートラインに1列で並ぶ。まずは、エンジン部分にペイントされる。
その後、リアのランプが点灯するかのチェック。
チェックする人は2人くらいいましたが、”ギシュ”の名物伯父さんがいた。(知ってる人は知ってる)
その後、自分の番が来てスタートラインに行く。今回、オンボードカメラを付けてたので、スタート前に回りのキャンペーンギャルを映したが、後から見てもっとゆっくり首を振れば良かったと反省。
いずれにしても、緊張はほとんど無かった。
旗を振られて、スタート。旗を振る伯父さんは、昨年のBAJA500と一緒でシマシマのシャツを着ていた。振り方がカッコいい。(ペロペロペロペローって言う感じで振る)

スタートしてすぐに左へ回る。ここでこけたら恥ずかしいので、慎重に回る。その後、200mくらい直線を走り、ナナメに左に、その後左に回り、川下のオフロードへ。
そこから全開で走るとしばらくして、恒例のジャンプ。丸まってるのであんまり距離も出ず普通に通過。(本当は写真用にナナメに飛び出そうと思ったが距離が出そうもないのでやめた)

その後、前のバイクを追っかける。舗装道路に出るところに、205xを見つけすぐに抜かす。
村を走るが、昨年ほど荒れてなく走りやすい。気持良く走ったが、終始埃が付きまとう。
スポーツマンオーバー250(SMO)のバイクを数台抜かすが、1度転倒。すぐに復帰したが、せっかく抜いたバイクに抜かれる。その後、209x(リタイヤ)と213x(優勝)に抜かれた。
村から国道に出るまでに、ATV1台に抜かれる。ATVに抜かれるとペースが落ちる。
その後、国道に出てまた、北側のオフロードに入る。ここは、スピードが出せる区間。気持ちよく走ったが、何台かのATVに抜かれる。また、国道に出て、オーホスへ。
そこで、サポートのウメさんに、「問題ない」事を告げて、3秒でスタート。オーホスからは、幅が広い路面でスピードが出る区間。
SMOのバイクを数台抜かすが、フロントフェンダーに付けていたチューブケースが外れてたので、止まって付け直す。その後、しばらく走り、52マイル地点のMag7へ。ここまで、オンボード映像が撮れていた。
Mag7でガソリン給油中に、205xに抜かれる。その後、シルトっぽい砂のフープスが長く続く。
SMOのバイクとバトルしながら走る。狭い道では、抜かす事が出来るが、砂のフープスでまた抜かれる。これの繰り返しが数回あった。K78地点に出てきて、ウメさんのサポートを受ける。エアークリーナーに付けていたカバーを外したり栄養補給。すぐにスタートして、再度オフロードへ。この地点も同じく、SMOのバイクとバトル。K117手前で、252xをパス。しばらくして、フロントフェンダーのチューブケース脱落。252xが、拾って届けてくれた。その後、252xが先を行き、K117手前で抜く。その時の写真が撮られていた。この辺の地点は、よくDVDに出てくるところで、「あの出っ張った岩、DVDで見たことある」と思い、チョイ感動した。
国道に出て、マイクスに向けて走る。レストランでウメさんのサポート。チューブケースをガムテープでしっかり取りつけ、栄養補給をしてスタート。
その場所に、291xがいて、マシントラブルでリタイヤすると聞いた。
今後、サポートするとの事で、ゴーグルと、ヘルメットライトをトリニダットRM252地点で渡してくれる事になった。これで、マイクス越えを重いヘルメットライトのバッテリィを持たないで済むと思い助かった。
[PR]

by kenoi0225 | 2007-06-17 09:49 | BAJA1000
<< 6/16はMX408で練習 サポート >>